カードローンで審査に落ちてしまったら…?

カードローンを利用するには必ず審査に通らなければいけません

カードローンで審査に落ちてしまったら…?

審査に落ちた経験がある人はカードローン滞納者

カードローンの審査に落ちたときのショックはかなり大きいものです。
他で借入をしているとか、以前に滞納をした経験がある場合であれば申込みをする時点で不安に感じる部分はあるかと思いますが・・・

しかし、他社借入をしているからといって確実に審査に落ちるといったことはありません。
総量規制と言って年収の1/3以下であれば、借入をすることができますので、他社借入がある人は、今どのくらいの借金をしているのか?と把握しておく必要があります。

もし、過去に滞納をしたり自己破産をしてしまった場合は、ブラックリストにのっている可能性が高いです。
このブラックリストは一生排除されないというわけではなく、4年間のみとなっています。
ですので、ブラックかなと思った場合に何年前の事故だったのかを確認してみましょう。
もしかしたら、ブラックではなくなっているかもしれません。

ブラックか、ブラックじゃないか?は信用情報を見ることで確認できますが、もっと簡単な方法があります。
それは、カードローン会社に申込みをしてみるということです。
もし、他で借入がなく収入もある状態で審査に落ちた場合はブラックである可能性があるので、まずは借入をするというよりは信頼性を高めることが大切になってきます。

毎日地道に実績を重ねていくことによって、いつか信頼性を取り戻すことができます。
何も考えずに、借入を繰り返したり、闇金にどっぷりつかってしまうと返済ができないくらいの借金となってしまうので注意をしましょう。
できるだけ、返済できる金額のみを借入することがカードローンの賢い利用方法になってきます。
こういった基本的なことを忘れないように活用していくようにしましょう。

 |  | 

審査に落ちたの原因は様々あるのでチェックしよう

ピンチな状況を救ってくれるカードローンですが、利用するためには審査に通らなければいけません。
いくらカードローンの審査が甘いとは言え、申込みをした人全員が審査に通るとは限りません。
中には、審査に落ちたと愕然としている人もいるので、自分の状況をしっかり把握してから申込みをするようにしましょう。

今までカードローンを利用したことがなく、借入もしていないという人でも審査に落ちる場合があります。
これは、勤続年数があまりにも短い場合に起こることです。
転職を何度も繰り返してしまうことで、信頼性が低くなってしまいます。
最低でも、1年間n勤続年数は必要になってくるので、まずは長期的に働き安定した収入を得ることが大切になってきます。

転職をしたばかりであれば、カードローンを利用するのは控え、少し実績を高めてからの利用がいいでしょう。

しかし、急なピンチというのは突然来るものです。
転職をしたばかりの状態でもカードローンに頼らなければいけない・・・こういったときにカードローンの申し込みをする際に嘘をついてしまうことがあります。
勤続年数にしろ、借入の状況にしろ信用情報で知ることができるので申し込み書とは違った内容の場合は、必ずばれてしまいます。

嘘をつくことというのは信頼関係を失ってしまうきっかけとなってしまうので、注意しなければいけません。
関連のカードローン会社から、「この人はうそつき・・・」といった情報が流れてしまい、申込みをしても相手にされなくなってしまいます。
ですので、基本情報を嘘で固めるというのはやめましょう。
正直に記載をして審査に落ちたときは、原因を探して改善をしていくことに精一杯努めるといったことが大切になってきます。

カードローンの審査の落ちたことにショックを受けない

日本には様々な現金調達の方法がありますが、中でもカードローンは今一番人気が高くなってきている方法の1つです。
カードローンの一番の人気の理由は、手続きから審査そして振り込みまでが早いということです。
ただ、カードローンを利用する人の場合は、審査に通過しないといけません。
審査というのはカードローン会社にとって非常に重要なもので、返済をする能力があるかどうかを見極めるものです。

審査の基準はカードローン会社によって異なっていますが、基本的には勤続年数が1年以上で安定した収入があることです。
これは、各カードローン会社によって基準が異なっているので、一概にはこの条件といったことは言えませんが、大体の場合は同じ項目になっています。

この条件を1つでもクリアできないと、審査に落ちたといった状態になります。
審査に落ちた・・・というのは、凄くショックを受けることで、急にお金が必要になったときに、どう対処していいのかわからなくなってしまいます。

審査に落ちたという人の多くは滞納者であったり、他で借入をしていて多額の借金を抱えている人が多くなっています。
カードローンの申込みは、現状で借入をしている総額を見ているので、多額の借金をしている場合は、少し申込みを考えた方がいいでしょう。
もし、金利がバラバラであれば、おまとめローンと言って全部の借入を一本化することができます。
一本化すれば、金利を一定にすることができたり返済をする日を1つにできるので手間や時間をかけずに返済をしていくことができます。
審査に落ちたからと言ってショックを受けるのではなく、審査に通るためにはどうしたらいいのか?を考えることを優先にしていきましょう。

Copyright (C) 2013 カードローンで審査に落ちてしまったら…? All Rights Reserved.

このページの先頭へ